ブログ

2021.01.18

阪神淡路大震災から26年、不断の準備が大切です。

 1月の仕事始めからずいぶん経ってしまいました。しばおかデンタルクリニックはおかげ様で仕事始めから通常通り診療が始まっています。仕事始めからご予約の方や初診の方も多くご来院頂きありがとうございます。引き続き皆さんに頼りにされる歯科医院であるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨日で阪神淡路大震災から26年目となります。震災そのものの被害は遭わなかったものの、子供のころに遊びに行ったアーケード街やデパートなど街並みが一変していたのを目の当たりにし、非常にショックであったことを覚えています。

それから6年後、神戸の総合病院で研修医をしていたのですが、街並みはある程度復興してきてはいましたが、空き地があちこちに残り、震災による心の傷をもった患者さんが多くお越しになっていたのを覚えています。いまではすっかりきれいな街並みになり、震災を思い出すのはHAT神戸にある震災記念館くらいではないでしょうか。

今回のコロナもそうですが、このような大きな出来事が起きた際は、後になって表向きは元通りになったとしても後々まで影響が残っていくものだということを理解し、元通りになることを目標にするのではなく新しい目標設定をしていくのが大切なのでは、と思います。

同時に何か起きてから慌てて弥縫策で取り繕うのではなく、最初から何かが起きた際にはどのように対応すべきか考えておくことが大切だと思います。コロナ前にSDGs(持続可能な社会)が猫も杓子も合言葉のようになっていましたが、本来はコロナのような一大事に示すべき考え方ではないでしょうか。

震災について取り留めなく書いてみましたが、詰まる話、どんな時も食事ができることが大切です。震災のようなときはよく噛めるように、そして口の中をきれいに保つように口腔ケアを行う事が大事になってきます。その時のため、いち口腔外科医としてだけでなく、口を通して健康を守る医療者として準備をしておこうと考えております。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム